伸銅 カドミレス 真中 平角棒 (引抜) 厚さ 6mm × 巾 20mm 550 mm
アルミ 丸棒 A5056BD-H34 80mm 長さ180mm 金属、非鉄金属、合金
アルミ 丸棒 A5056BD-H34 80mm 長さ180mm 金属、非鉄金属、合金
yasui-alumi_a5056bd-h34-b-80-180-2421-uQX
4,261円 5,013円
アルミ 丸棒 A5056BD-H34 80mm 長さ180mm|yasui-alumi|02
  • アルミ 丸棒 A5056BD-H34 80mm 長さ180mm|yasui-alumi|03

    ■材質: A5056
    純アルミにわずかなMgを加えた合金は、光輝処理後の陽極酸化処理で、高い光輝度が得られます。A5052よりも強度が高く、切削性を向上させています。また耐食性が高く、切削加工により表面が美しく仕上がります。陽極酸化処理性とその染色性(アルマイト処理)に優れています。

    ■調質: F
    製造したまま(押出加工のまま)。

    ■主な用途
    光学部品・カメラ鏡銅・通信機器・ファスナー・DIY

    ■サイズ
    [D]80mm×180mm

    ※写真はサンプル画像です。

    用途多数のアルミ材料を1本からご提供致します。 在庫は、良く出るものは数トン単位で在庫がございます。
    別途、アルマイト処理や受注生産品をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

  • アルミ 丸棒 A5056BD-H34 80mm 長さ180mm 金属、非鉄金属、合金

    <!–more–> で記事を区切ったときに出力される続きを読むリンクや、ターゲットに使われてるspanタグそのものを変更する方法について。

    デフォルトだと、全文が表示されたときに挿入されるソースはこうです。

    <p><span id="more-4"></span></p>
    

    たとえばこれを次のようにDivへ変更する

    </div>
    <div id="more-4">
    

    the_content_more_link について追加

    正規表現置換による方法

    2.5以上だとTinyMCEの性能がいいので大抵以下の正規表現置換で変更出来ると思います。
    このブログのテーマ(Vicuna)もこれで置換しています。
    function.phpに以下をコピペしてみてください。

    function moretag_custom($content) {
    	if (is_page() || is_single()) {
    		$content = preg_replace('/<p><span id="more-([0-9]+?)"><\/span>(.*?)<\/p>/i', "\n</div>\n<div id=\"more-$1\" class=\"entry\">\n<p>$2</p>", $content);
    	}
    	return $content;
    }
    add_action('the_content', moretag_custom, 100);
    

    条件にマッチしないとスルーしてしまうので、いくつかパターンを用意した方が確実です。
    2.5より前のバージョンだと、綺麗にPタグ内にspanが入ってなかったりaタグだったりするので合わせて正規表現の条件を変える必要があります。
    また、#more-postIDの書式を変更した場合、続きを読むリンクのターゲットも変更しておく必要があります。

    get_extended()関数による方法

    チラッと書いたget_extended()でも一応やれます。

    single.phpとかで(以下はDefaultテーマ用)

    <?php $contents = get_extended($post->post_content); ?>
    <div class="post" id="post-<?php the_ID(); ?>">
    <h2><?php the_title(); ?></h2>
    <div class="entry">
    	<?php print(wpautop($contents[main])); ?>
    <?php if(!empty($contents[extended])):?>
    </div>
    <div id="more-<?php the_ID();?>">
    	<?php print(wpautop($contents[extended])); ?>
    <?php endif;?>
    

    見ての通りthe_content()を使ってないので、category.phpとかindex.phpには不向き。
    この場合も、リンクの#more-postIDの書式を変更する場合は、続きを読むリンクのターゲットも変更しておく必要があります。

    「続きを読む」リンクのスタイル変更

    デフォルトのリンクテキストは(more…)で、#more-記事IDにリンクされています。

    3/14 在庫あり PS-900 TD28G 600W HONDEX (ホンデックス) 9型カラー液晶 GPS 魚探 送料無料 新品未開封

    <?php the_content("『".the_title('', '', false)."』の続きを読む&raquo;"); ?>
    

    ▼ソースはこう

    <p><a class="more-link" href="http://localhost/wordpress/?p=1#more-1">Hello world!の続きを読む»</a></p>
    

    タグも使えます

    <?php the_content(__('<span class="moretext">Read the rest of this entry &raquo;</span>', 'kubrick')); ?>
    

    デフォルトテーマだと翻訳解けちゃうのでmoファイルの修正が必要。

    ソースそのものの変更は次のような方法があります。

    正規表現による置換

    vicunaのソースを参考に、上の置換にelseを追加する。

    function.php

    月刊南清和?審美歯科修復への誘い (ひと月で読めて学習できる臨床手技のエッセンスbook)

    preg_replace内の中央の引数を変更すれば別の書式に出来ます。

    コアのソースそのものを変更

    上記で挙げた変更はコアファイルのソースを変更しても同じことが出来ます。
    wordpressのバージョンアップしたら戻ってしまいますが、テーマやエディタに依存しないので確実かも。

    挿入されるspanタグの変更はwp-includes/post-template.phpの121行目くらいに次の文があるので

    $output .= '<span id="more-'.$id.'"></span>'.$content[1];
    

    新発売 三輪車 折りたたみ 手押し棒付き 5Way BTM バランスバイク 子ども用自転車 乗用おもちゃ 幼児用自転車 送付無料

    $output .= '</div><div id="more-'.$id.'">'.$content[1];
    

    続きを読むリンクの変更は125行目くらいに次の文があるので

    $output .= ' <a href="'. get_permalink() . "#more-$id\" class=\"more-link\">$more_link_text</a>";
    

    好きなように変更するだけでおk。

    $output .= '<p class=\"more-link\"><a href="'. get_permalink() . "#more-$id\">$more_link_text</a></p>";
    

    参考:★FENDI★ FF ロゴ ピンク/イエロー フロー スニーカー

    アルミ 丸棒 A5056BD-H34 80mm 長さ180mm 金属、非鉄金属、合金

    アクションフィルターにthe_content_more_linkというのが追加されたので、こいつを使えば割と簡単にmoreリンクの変更が可能。

    付与されるIDを消して#moreだけにするサンプル:

    function custom_more_link( $more_link ) {
    	$more_link = preg_replace('/#more-[\d]+/i', '#more', $more_link );
    	return $more_link;
    }
    add_filter( 'the_content_more_link', 'custom_more_link', 10 );
    

    この場合のcustom_more_linkには引数でアンカータグしか渡されないが、
    add_filterの一番最後に引数の数を指定する2を追加すると、リンクテキストも得る事が出来るようになる。

    付与されるIDを消して#moreだけにした上でテキストも変える:

    function custom_more_link( $more_link, $more_link_text ) {
    	$more_link = preg_replace('/#more-[\d]+/i', '#more', $more_link );
    	return str_replace($more_link_text, "『".the_title('', '', false)."』の続きを読む&raquo;", $more_link);
    }
    

    リンクテキストの変更はthe_contentでも可能だからオマケ扱い。

    しかしこのthe_content_more_linkで変更出来るのはリンク部分だけなので、
    moreリンクの親(pタグ)にクラスを付与する場合にはやっぱり正規表現置換するしかない。

    function moretag_custom($content) {
    	if (is_page() || is_single()) {
    		$content = preg_replace('/(?:<p>)*<span id="more-([0-9]+?)"><\/span>(.*?)(?:<\/p>)*/i', "\n</div>\n<div id=\"more\" class=\"entry\">\n$2", $content);
    	}else{
    		$content = preg_replace('/<p>\s*<a href="(.+?)#more" class="more-link">(.+?)<\/a><\/p>/', '<p class="more"><a href="$1#more" class="more-link">$2</a></p>', $content);
    	}
    	return $content;
    }
    function custom_more_link( $more_link, $more_link_text ) {
    	$more_link = preg_replace('/#more-[\d]+/i', '#more', $more_link );
    	return str_replace($more_link_text, "『".the_title('', '', false)."』の続きを読む&raquo;", $more_link);
    }
    add_action('the_content', moretag_custom, 100);
    add_filter( 'the_content_more_link', 'custom_more_link', 10, 2 );
    

    アルミ 丸棒 A5056BD-H34 80mm 長さ180mm 金属、非鉄金属、合金

    1. 返信ありがとうございます

      <div id=”more-4″></div>

      正規表現置換で上記の様にした場合なのですが
      この空の要素に、xxx.phpなどのテンプレートを挿入出来ないかと思い質問をさせて頂きました

    2. uzi さん>

      置き換える文字列の中にinclude文を含めれば読み込まれるんじゃないかなーと思います。

      <?php include(‘hoge.php’) ?>

      ?などのメタ文字はエスケープさせてください。
      読み込まれなければget_extendedやコア変更が手っ取り早いです。

      新作 ★BERLUTI★ レザー カフリンクス
    3. ピンバック:
    4. ピンバック:

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。。

    HOSTING.NAYATEL.COM RSS