ボッテガヴェネタ★レディース ショートブーツ ブラック/黒
Polly Plume ショートブーツ・ブーティ シルバー系 ショートブーツ・ブーティ
Polly Plume ショートブーツ・ブーティ シルバー系 ショートブーツ・ブーティ
62550274-19408-JHR
37,587円 44,220円
Polly Plume ショートブーツ・ブーティ シルバー系(62550274)

Polly Plume ショートブーツ・ブーティ
Made in: Italy

商品の詳細情報についてのご質問は、何なりとお申し付けください
こちらの商品の組成は、お問い合わせください。

【お取引について】【在庫確認のお願い】
商品買付け先(イタリア正規ディーラー各社)の協力のもと、商品在庫情報をリアルタイムで在庫連動・更新し、有効在庫をもつ商品のみを出品させて頂いております。但し、システム処理の都合上、在庫反映が毎日一度(日本時間の15:30)のバッチ処理となっておりますことから、ご購入の際に在庫切れした商品が掲載削除されず残ったままとなっている場合がございます。このことから、ご注文の前には、必ず在庫のご確認をお願いできればと存じます。

【送料・ 関税・輸入消費税について】
商品の販売価格には、送料が含まれております(関税・輸入消費税はお客様のご負担となります)。また、原産国が次に記す国・地域(*1)以外となっております商品には、販売価格から割り出される申告価格(*2)により、関税が課税される場合(*3)がございますので、ご留意ください。
尚、課税対象となった場合の納税額(関税・輸入消費税)は、DHL社がお立替し(DHL社のお立替手数料が発生します)、商品の配達時に、お客様よりご精算を頂く流れとなります。
(*1)EU(28ヶ国)、TPP1(11ヶ国)、ASEAN(10ヶ国)、スイス、オーストラリア、メキシコ、ペルー、モンゴル(繊維製商品のほぼ全類で非課税、但し、バッグ・財布等、シューズは、次に記す原産品を除き課税対象となりますのでご注意ください)
メキシコ、チリ、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン 
(*2)個人使用を目的とした輸入の場合、販売価格 x 60%が、申告価格(課税対象価格)となります。
(*3)上の(*1)の対象国・地域を原産国とする商品で、(*2)の申告価格が1万円を超える場合は、課税(輸入消費税のみ、但し、バッグ・財布類、シューズは関税がかかります)対象となります。
また、(*1)の対象国・地域以外を原産国とする商品で、(*2)の申告価格が1万円を超える場合は、課税(関税および輸入消費税)対象となります。
尚、関税額は、申告価格に原産国毎に決められた関税率を乗じた金額(詳しい情報が必要な場合にはお問合せください)、輸入消費税は、(申告価格+関税)の合計額に対して、8%を乗じた金額となります。

【ご注文後の商品在庫と発送について】
ご注文頂きました商品は、改めての在庫確認のもと、
◯ 在庫がある場合
イタリアのディーラー各社が、スロベニアの弊社ロジスティック・センターに、ご注文の商品を送付し、検品後、お客さまへ直送させて頂きます。所要期間は、ご注文確定後、5〜7日内でのお届けとなります。
尚、商品発送後は、お客様の方でも商品ご到着までの追跡を都度ご確認頂けるよう、DHL社が提供致しますON DEMAND DELIVERYをご案内させて頂きます。
◯ 在庫がない場合ご注文のお取り消しをさせて頂くこととなります。

【キャンセルについて】
次の要件が発生した場合には、已む無くご注文のお取り消しをお願いさせて頂きます。
◯ 商品情報(金額、説明など)に誤りが発覚し、ご注文の際にご案内の同じ条件で商品の提供が叶わなくなった場合
◯ 弊社ロジスティックス・センターでの商品検品で、商品に不良や瑕疵が発見された場合

【商品について】
◯ ブランド店舗からの購入ではございませんので、ブランドの手提げ袋のご用意はございません。
◯ 海外品となりますので、日本で販売されている商品と一部付属品の異なる場合がございます。





Polly Plume ショートブーツ・ブーティ シルバー系 ショートブーツ・ブーティ サイズを選択してください:37EU(23.5cm)

<!–more–> で記事を区切ったときに出力される続きを読むリンクや、ターゲットに使われてるspanタグそのものを変更する方法について。

デフォルトだと、全文が表示されたときに挿入されるソースはこうです。

<p><span id="more-4"></span></p>

たとえばこれを次のようにDivへ変更する

</div>
<div id="more-4">

the_content_more_link について追加

正規表現置換による方法

2.5以上だとTinyMCEの性能がいいので大抵以下の正規表現置換で変更出来ると思います。
このブログのテーマ(Vicuna)もこれで置換しています。
function.phpに以下をコピペしてみてください。

function moretag_custom($content) {
	if (is_page() || is_single()) {
		$content = preg_replace('/<p><span id="more-([0-9]+?)"><\/span>(.*?)<\/p>/i', "\n</div>\n<div id=\"more-$1\" class=\"entry\">\n<p>$2</p>", $content);
	}
	return $content;
}
add_action('the_content', moretag_custom, 100);

条件にマッチしないとスルーしてしまうので、いくつかパターンを用意した方が確実です。
2.5より前のバージョンだと、綺麗にPタグ内にspanが入ってなかったりaタグだったりするので合わせて正規表現の条件を変える必要があります。
また、#more-postIDの書式を変更した場合、続きを読むリンクのターゲットも変更しておく必要があります。

get_extended()関数による方法

チラッと書いたget_extended()でも一応やれます。

single.phpとかで(以下はDefaultテーマ用)

<?php $contents = get_extended($post->post_content); ?>
<div class="post" id="post-<?php the_ID(); ?>">
<h2><?php the_title(); ?></h2>
<div class="entry">
	<?php print(wpautop($contents[main])); ?>
<?php if(!empty($contents[extended])):?>
</div>
<div id="more-<?php the_ID();?>">
	<?php print(wpautop($contents[extended])); ?>
<?php endif;?>

見ての通りthe_content()を使ってないので、category.phpとかindex.phpには不向き。
この場合も、リンクの#more-postIDの書式を変更する場合は、続きを読むリンクのターゲットも変更しておく必要があります。

「続きを読む」リンクのスタイル変更

デフォルトのリンクテキストは(more…)で、#more-記事IDにリンクされています。

YAMATO 木工旋盤用部品 チャックリングセット Y2201

<?php the_content("『".the_title('', '', false)."』の続きを読む&raquo;"); ?>

▼ソースはこう

<p><a class="more-link" href="http://localhost/wordpress/?p=1#more-1">Hello world!の続きを読む»</a></p>

タグも使えます

<?php the_content(__('<span class="moretext">Read the rest of this entry &raquo;</span>', 'kubrick')); ?>

デフォルトテーマだと翻訳解けちゃうのでmoファイルの修正が必要。

ソースそのものの変更は次のような方法があります。

正規表現による置換

vicunaのソースを参考に、上の置換にelseを追加する。

function.php

コドモノクニ名作選 全巻セット

preg_replace内の中央の引数を変更すれば別の書式に出来ます。

コアのソースそのものを変更

上記で挙げた変更はコアファイルのソースを変更しても同じことが出来ます。
wordpressのバージョンアップしたら戻ってしまいますが、テーマやエディタに依存しないので確実かも。

挿入されるspanタグの変更はwp-includes/post-template.phpの121行目くらいに次の文があるので

$output .= '<span id="more-'.$id.'"></span>'.$content[1];

コスモ食品 グルテンフリークリームシチュールー 110g×5袋

$output .= '</div><div id="more-'.$id.'">'.$content[1];

続きを読むリンクの変更は125行目くらいに次の文があるので

$output .= ' <a href="'. get_permalink() . "#more-$id\" class=\"more-link\">$more_link_text</a>";

好きなように変更するだけでおk。

$output .= '<p class=\"more-link\"><a href="'. get_permalink() . "#more-$id\">$more_link_text</a></p>";

参考:EKLIPT キャットタワー 猫タワー 猫のおもちゃ 据え置き 猫 つめとぎ ハンモック付き 雲 かわいい (パープル+ピン

Polly Plume ショートブーツ・ブーティ シルバー系 ショートブーツ・ブーティ サイズを選択してください:37EU(23.5cm)

アクションフィルターにthe_content_more_linkというのが追加されたので、こいつを使えば割と簡単にmoreリンクの変更が可能。

付与されるIDを消して#moreだけにするサンプル:

function custom_more_link( $more_link ) {
	$more_link = preg_replace('/#more-[\d]+/i', '#more', $more_link );
	return $more_link;
}
add_filter( 'the_content_more_link', 'custom_more_link', 10 );

この場合のcustom_more_linkには引数でアンカータグしか渡されないが、
add_filterの一番最後に引数の数を指定する2を追加すると、リンクテキストも得る事が出来るようになる。

付与されるIDを消して#moreだけにした上でテキストも変える:

function custom_more_link( $more_link, $more_link_text ) {
	$more_link = preg_replace('/#more-[\d]+/i', '#more', $more_link );
	return str_replace($more_link_text, "『".the_title('', '', false)."』の続きを読む&raquo;", $more_link);
}

リンクテキストの変更はthe_contentでも可能だからオマケ扱い。

しかしこのthe_content_more_linkで変更出来るのはリンク部分だけなので、
moreリンクの親(pタグ)にクラスを付与する場合にはやっぱり正規表現置換するしかない。

function moretag_custom($content) {
	if (is_page() || is_single()) {
		$content = preg_replace('/(?:<p>)*<span id="more-([0-9]+?)"><\/span>(.*?)(?:<\/p>)*/i', "\n</div>\n<div id=\"more\" class=\"entry\">\n$2", $content);
	}else{
		$content = preg_replace('/<p>\s*<a href="(.+?)#more" class="more-link">(.+?)<\/a><\/p>/', '<p class="more"><a href="$1#more" class="more-link">$2</a></p>', $content);
	}
	return $content;
}
function custom_more_link( $more_link, $more_link_text ) {
	$more_link = preg_replace('/#more-[\d]+/i', '#more', $more_link );
	return str_replace($more_link_text, "『".the_title('', '', false)."』の続きを読む&raquo;", $more_link);
}
add_action('the_content', moretag_custom, 100);
add_filter( 'the_content_more_link', 'custom_more_link', 10, 2 );

Polly Plume ショートブーツ・ブーティ シルバー系 ショートブーツ・ブーティ サイズを選択してください:37EU(23.5cm)

  1. uzi さん>

    置き換える文字列の中にinclude文を含めれば読み込まれるんじゃないかなーと思います。

    <?php include(‘hoge.php’) ?>

    ?などのメタ文字はエスケープさせてください。
    読み込まれなければget_extendedやコア変更が手っ取り早いです。

    SALVATORE FERRAGAMO SANDAL
  2. includeでは出来ませんでしたが、get_extendedでは問題なく出来ました
    出来ればfunctions.phpで済ませたいところなので、正規表現置換の方はもう少し自分で試行錯誤してみようと思います
    丁寧に答えて頂いてとても助かりました
    ありがとうございました

  3. ピンバック:
  4. ピンバック:

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。。

HOSTING.NAYATEL.COM RSS