PotteryBarn★素朴さと近代感の融合!錆風加工で味がある*壁時計
PotteryBarn★赤い秒針がキュート!定番の中に光る可愛さ*壁時計 時計
PotteryBarn★赤い秒針がキュート!定番の中に光る可愛さ*壁時計 時計
70049347-34450-BHS
32,810円 38,600円
PotteryBarn★赤い秒針がキュート!定番の中に光る可愛さ*壁時計(70049347)

個性的なデザインも得意としながらも、シンプルなデザインも可愛いPottery Barnから可愛い壁掛け時計が登場。

シンプルなデザインに加えて見易い文字盤、どんなお部屋にもマッチするカラーは万人受けするプレゼントにぴったり。
アクセントの赤い秒針が可愛いらしい印象与えます。

品の良さがあるので、何をプレゼントしたらいいか悩ましい時、ぜひおすすめの商品です。


●〇●〇 PotteryBarnとは 〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●

Pottery Barnは、アメリカを拠点とする、実力派老舗インテリア・雑貨ブランドです。
大都市に大型店舗を複数展開し、激カワの子供向け家具・洋服や、セレブ御用達の高級感溢れる家具まで幅広く取り扱っています。

ベーシックなデザインも得意としながら、モダン・北欧・シャービシック・アンティーク・現代アート風やスチームパンクな世界観など、あらゆる個性的なデザインを網羅している強豪ブランド。他には無い優れた家具を求める人に大人気のブランドです。

●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇


【お手入れ方法】
・柔らかく乾いた布で埃を拭き取って下さい
・家庭用の刺激がある洗剤・薬品は細かい傷がつく恐れがあるため、使用をお控え下さい

【カラー】
・ブラック(外枠・文字盤部分)
・ホワイト(文字部分)
・レッド(秒針部分)

【サイズ】
全体(直径):約36cm
文字盤(直径):約30cm
厚さ:約8cm
重量:約1kg

【素材】
・金属
・ガラス(文字盤を保護)

【商品の特徴】
・シンプルなデザインの中にレッドの秒針のアクセント
・定番で万人受けするデザイン

【在庫確認のお願い】
ご注文確定前に「お問い合わせ」より在庫確認をお願い致します。


PotteryBarn★赤い秒針がキュート!定番の中に光る可愛さ*壁時計 時計 0:ONESIZE

<!–more–> で記事を区切ったときに出力される続きを読むリンクや、ターゲットに使われてるspanタグそのものを変更する方法について。

デフォルトだと、全文が表示されたときに挿入されるソースはこうです。

<p><span id="more-4"></span></p>

たとえばこれを次のようにDivへ変更する

</div>
<div id="more-4">

the_content_more_link について追加

正規表現置換による方法

2.5以上だとTinyMCEの性能がいいので大抵以下の正規表現置換で変更出来ると思います。
このブログのテーマ(Vicuna)もこれで置換しています。
function.phpに以下をコピペしてみてください。

function moretag_custom($content) {
	if (is_page() || is_single()) {
		$content = preg_replace('/<p><span id="more-([0-9]+?)"><\/span>(.*?)<\/p>/i', "\n</div>\n<div id=\"more-$1\" class=\"entry\">\n<p>$2</p>", $content);
	}
	return $content;
}
add_action('the_content', moretag_custom, 100);

条件にマッチしないとスルーしてしまうので、いくつかパターンを用意した方が確実です。
2.5より前のバージョンだと、綺麗にPタグ内にspanが入ってなかったりaタグだったりするので合わせて正規表現の条件を変える必要があります。
また、#more-postIDの書式を変更した場合、続きを読むリンクのターゲットも変更しておく必要があります。

get_extended()関数による方法

チラッと書いたget_extended()でも一応やれます。

single.phpとかで(以下はDefaultテーマ用)

<?php $contents = get_extended($post->post_content); ?>
<div class="post" id="post-<?php the_ID(); ?>">
<h2><?php the_title(); ?></h2>
<div class="entry">
	<?php print(wpautop($contents[main])); ?>
<?php if(!empty($contents[extended])):?>
</div>
<div id="more-<?php the_ID();?>">
	<?php print(wpautop($contents[extended])); ?>
<?php endif;?>

見ての通りthe_content()を使ってないので、category.phpとかindex.phpには不向き。
この場合も、リンクの#more-postIDの書式を変更する場合は、続きを読むリンクのターゲットも変更しておく必要があります。

「続きを読む」リンクのスタイル変更

デフォルトのリンクテキストは(more…)で、#more-記事IDにリンクされています。

Lenovo(レノボ) 10.1型 ノートパソコン Lenovo IdeaPad Duet Chromebook ZA6F0038JP(CH

<?php the_content("『".the_title('', '', false)."』の続きを読む&raquo;"); ?>

▼ソースはこう

<p><a class="more-link" href="http://localhost/wordpress/?p=1#more-1">Hello world!の続きを読む»</a></p>

タグも使えます

<?php the_content(__('<span class="moretext">Read the rest of this entry &raquo;</span>', 'kubrick')); ?>

デフォルトテーマだと翻訳解けちゃうのでmoファイルの修正が必要。

ソースそのものの変更は次のような方法があります。

正規表現による置換

vicunaのソースを参考に、上の置換にelseを追加する。

function.php

CO2ジェネレーター PRO-D701s Ver 1.4 (スーパーミスト&フルセットモデル)

preg_replace内の中央の引数を変更すれば別の書式に出来ます。

コアのソースそのものを変更

上記で挙げた変更はコアファイルのソースを変更しても同じことが出来ます。
wordpressのバージョンアップしたら戻ってしまいますが、テーマやエディタに依存しないので確実かも。

挿入されるspanタグの変更はwp-includes/post-template.phpの121行目くらいに次の文があるので

$output .= '<span id="more-'.$id.'"></span>'.$content[1];

ヒーター付きベスト 防寒着 電熱ベスト メンズ new 秋冬物 ヒートベスト 加熱 中綿入り チョッキ スタンドカラー 暖房服 最新作 ヒーター11つ

$output .= '</div><div id="more-'.$id.'">'.$content[1];

続きを読むリンクの変更は125行目くらいに次の文があるので

$output .= ' <a href="'. get_permalink() . "#more-$id\" class=\"more-link\">$more_link_text</a>";

好きなように変更するだけでおk。

$output .= '<p class=\"more-link\"><a href="'. get_permalink() . "#more-$id\">$more_link_text</a></p>";

参考:楽譜 FOC 6 交響曲「運命」より(終楽章)/ベートーヴェン作曲 フル・オーケストラ・クラシック・ベスト/Rocket(輸入・オーケストラ譜)/G4/T:4:30

PotteryBarn★赤い秒針がキュート!定番の中に光る可愛さ*壁時計 時計 0:ONESIZE

アクションフィルターにthe_content_more_linkというのが追加されたので、こいつを使えば割と簡単にmoreリンクの変更が可能。

付与されるIDを消して#moreだけにするサンプル:

function custom_more_link( $more_link ) {
	$more_link = preg_replace('/#more-[\d]+/i', '#more', $more_link );
	return $more_link;
}
add_filter( 'the_content_more_link', 'custom_more_link', 10 );

この場合のcustom_more_linkには引数でアンカータグしか渡されないが、
add_filterの一番最後に引数の数を指定する2を追加すると、リンクテキストも得る事が出来るようになる。

付与されるIDを消して#moreだけにした上でテキストも変える:

function custom_more_link( $more_link, $more_link_text ) {
	$more_link = preg_replace('/#more-[\d]+/i', '#more', $more_link );
	return str_replace($more_link_text, "『".the_title('', '', false)."』の続きを読む&raquo;", $more_link);
}

リンクテキストの変更はthe_contentでも可能だからオマケ扱い。

しかしこのthe_content_more_linkで変更出来るのはリンク部分だけなので、
moreリンクの親(pタグ)にクラスを付与する場合にはやっぱり正規表現置換するしかない。

function moretag_custom($content) {
	if (is_page() || is_single()) {
		$content = preg_replace('/(?:<p>)*<span id="more-([0-9]+?)"><\/span>(.*?)(?:<\/p>)*/i', "\n</div>\n<div id=\"more\" class=\"entry\">\n$2", $content);
	}else{
		$content = preg_replace('/<p>\s*<a href="(.+?)#more" class="more-link">(.+?)<\/a><\/p>/', '<p class="more"><a href="$1#more" class="more-link">$2</a></p>', $content);
	}
	return $content;
}
function custom_more_link( $more_link, $more_link_text ) {
	$more_link = preg_replace('/#more-[\d]+/i', '#more', $more_link );
	return str_replace($more_link_text, "『".the_title('', '', false)."』の続きを読む&raquo;", $more_link);
}
add_action('the_content', moretag_custom, 100);
add_filter( 'the_content_more_link', 'custom_more_link', 10, 2 );

PotteryBarn★赤い秒針がキュート!定番の中に光る可愛さ*壁時計 時計 0:ONESIZE

  1. 返信ありがとうございます

    <div id=”more-4″></div>

    正規表現置換で上記の様にした場合なのですが
    この空の要素に、xxx.phpなどのテンプレートを挿入出来ないかと思い質問をさせて頂きました

  2. uzi さん>

    置き換える文字列の中にinclude文を含めれば読み込まれるんじゃないかなーと思います。

    <?php include(‘hoge.php’) ?>

    ?などのメタ文字はエスケープさせてください。
    読み込まれなければget_extendedやコア変更が手っ取り早いです。

    日本未入荷・海外限定品【BOTTEGA VENETA】ウール ジャンパー
  3. includeでは出来ませんでしたが、get_extendedでは問題なく出来ました
    出来ればfunctions.phpで済ませたいところなので、正規表現置換の方はもう少し自分で試行錯誤してみようと思います
    丁寧に答えて頂いてとても助かりました
    ありがとうございました

  4. ピンバック:
  5. ピンバック:

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。。

HOSTING.NAYATEL.COM RSS